■ドラッグストアのグループ


ドラッグストアの主なグループ

ドラッグストアは規模の大きさにより、競争力を獲得するため業務提携や資本提携をおこないグループ化されてきています。

規模の大きさからすると、イオン・ウェルシア・ストアーズとマツモトキヨシグループが最大勢力としてしのぎを削っています。


これら含めいくつかのドラッグストアのグループと所属する会社を紹介します。


くすり イオン・ウェルシア

イオン・ウェルシア・ストアーズ


中心企業:イオン


参加企業:ツルハホールディングス 、ツルハ、寺島薬局 、ウエルシア関東、イオン 、イオン九州、琉球ジャスコ、クラフト、ウェルパーク、クスリのアオキ、メディカル一光、タキヤ


現在、CFSコーポレーションは、イオン・ウエルシア・ストアーズの活動を行っていません。
スギ薬局やドラッグイレブンなどは提携を解消して独自の道を歩む例もあります。

くすり マツモトキヨシ

マツモトキヨシグループ


中心企業:マツモトキヨシ


参加企業:サッポロドラッグストアー 、横浜ファーマシー、藤越、トウブドラッグ、ドラッグフジイ、コメヤ薬局、イタヤマメディコ、健康家族(ファミリードラッグ)、中島ファミリー薬局、ぱぱす、高田薬局、中部薬品、シミズ薬品、オージョイフル、オークワ、ラブドラッグス、ドラッグイレブン、ミドリ薬品



くすり 富士薬品

富士薬品グループ


中心企業:富士薬品


参加企業:アーベル、オオタドラッグ、協和商事、薬のタムラ、篠田薬局、スマイルドラッグ、新生オリエックス、ジャストドラッグ、中四国セイムス、ドラッグ・オゾン、ドラッグストアキリン、ドラッグストアコスモ21、パワーズドラッグ、モリキ、森山薬局、ユタカファーマシー、らいおんクリエイト、レモン



くすり WIN

WINグループ


中心企業:特になし(共同事業会社を設立して活動)


参加企業:セガメディクス、コクミン、セイジョー、レディ薬局、コダマ、龍生堂、ミネ医薬品、クスリのマルト、サンキュードラッグ、一本堂、同仁堂、ウエダ薬局


セガミメディクスとセイジョーは持ち株会社ココカラファインホールディングスを2008年4月に設立して、経営統合する予定。


くすり ジップドラッグ

ジップドラッグ グループ(アライドハーツ)


株式会社ジップ・ホールディングスを設立


シーズアンドアーパス、白沢ドラッグ、東洋薬局の3社を吸収合併し、ジップドラッグ株式会社となっています。


さらに、株式会社ライフォートと共同持ち株会社・株式会社アライドハーツ・ホールディングスを設立し、経営統合しています。



くすり カワチ

カワチ・サンドラッググループ


カワチ薬品、サンドラッグが事業で協力しています。


ドラッグストア統合