■いろんな薬局


いろいろある薬局の種類

一口に薬局といっても実にいろんな形態のものが存在します。 町の小さな薬局から、病院のすぐ近くにある処方箋での調剤を専門に行う薬局からドラッグストアなど。


薬局は薬事法で定めるところの「薬剤師が販売または授与の目的で調剤の業務を行う場所(その開設者が医薬品の販売を併せ行う場合には、その販売業に必要な場所を含む)をいう」となっています。
非常に幅広い意味で薬局をとらえたものです。


保険薬局

病院や診療所から独立していて、医師の発行した処方箋に基づいて薬を処方する薬局です。
厚生労働省より処方箋40枚に対して一人の薬剤師を配置することが義務づけられています。


基準薬局

日本薬剤師会が定めた基準を満たして、認定された薬局です。
薬剤師会が「かかりつけ薬局」として推奨するものです。


ドラッグストア

ドラッグストア協会の定義によると「医薬品と化粧品、そして日用家庭品、文房具、フィルム、食品等の日用雑貨を扱うお店」となっています。
医薬品を扱うので、店舗に一人の薬剤師は最低限必要になります。


ドラッグストア(調剤併設型)

上記ドラッグストア内に調剤室をつくり、処方箋に対応できる店舗のことです。


ドラッグストア