ドラッグストアの争いが激しく

ドラッグストアが注目を集めています。 それはあなたの周りを見回してみれば、すぐ実感できることではないでしょうか。 あなたの身の回りでドラッグストが次々増えていると思いませんか。


ドラッグストアは、成長が行き詰ってきた小売業界で唯一成長している分野として注目が集まっているのです。


コンビニエンスストアは、すでに飽和状態になっており、新しい形のコンビビニエンスストアの形態の模索が続いています。 ドラッグストアも過当競争に入りつつあるとろではありますが。。


この 成長分野の覇権をめぐって少しでも有利な立場になるため、さまざまなドラッグストアが提携や合併・買収などを行いグループを形成してきています。 一括の大量仕入れによるコストの削減や商品の共同開発等のスケールメリットを享受するため、半歩でも競合他社より優位に立とうとしのぎを削っています。

ドラッグストア ロゴ

現在進行でドラッグストアのグープ化がどんどん進んでいます。 イオンを中心としたグループとマツモトキヨシを中心としたグループが2大勢力を形成しています。それを追う中堅のグループなどが並んでいるような状況になっています。


ドラッグストア業界は600社以上存在していて、業界トップのマツモトキヨシであっても1割のシェアも持っていない状況です。 今後も優位な立場に立つためにグループへの取り込みや合併などは行われていくでしょう。