■薬剤師の争奪戦


薬剤師の取り合いが始まる

薬(医薬品)を販売するには、店舗に一人は薬剤師を置かなければなりません。 ドラッグストアが一件増えるに従って、必要な薬剤師が最低一人は増えることになります。 拡大を続けている業界ですから薬剤師が不足してくるのはうなずけるところです。 当然いかに薬剤師を確保するかは、ドラッグストアの戦略を左右しかねない問題です。


ドラッグストアは利益を拡大するため、医療用医薬品を取り扱う調剤室を併設するのもすでに当たり前になってきています。


顧客(患者)をしっかり確保してリピーターとなってもらうためには、単に薬剤師の資格を持っているだけではなく優秀な薬剤師が必要になってきます。 ただ調剤をするだけでなく患者さんへ的確なアドバイスを送ったりすることも求められます。 町のかかりつけの医者ならぬ薬局を目指していく必要があるからです。


ドラッグストアの今後の展開にとってキーとなる優秀な薬剤師に対しては、報酬を高くしてもいいと考えている薬局(ドラッグストア)の経営者もいます。


くすり医薬品