■セルフメディケーションの時代


セルフメディケーションの推進

薬を取り巻く環境は大きく変わってきています。 ドラッグストアや薬局の再編 医療費削減するためのOTC薬の規制緩和、薬剤師の教育が6年間へと、さまざまな改革が進められてきています。薬害の被害も後を絶ちません。そんな薬や薬局(ドラッグストア)を取り巻く環境が変わるを取り巻く状況を理解しておく必要があります。


医療費の増加がなかなか抑えることができない中で、医療費の国家予算に占める割合は80兆円の予算のうち30兆円を医療費が占めるまでになっています。 ますますの高齢化社会を迎えるにあったってこれらの費用を抑えていくための施策は重要な課題となります。

くすり

今後はセルフメディケーション(自分の健康は自分で守る)ということがより一層重要視されてきます。


そのような背景があり、一般医薬品の販売に関する規制緩和や処方箋調剤における薬価改定をはじめ様々な医療費抑制策が施行されてきており転換期を迎えています。


合わせてこの新たに生まれるであろう市場を狙って、規模の大きいことによるメリットや相乗効果を狙ってドラッグストア業界の再編が進んでいます。


セルフメディケーションの時代においてドラッグストアや薬局は大きな役割を果たしていくことになります。 これは国の方針ですので、この先も伸びていくと考えらます。