■点鼻薬の使い方


点鼻薬の使用方法

点鼻薬というと、鼻の疾患に関しての薬であることがほとんどです。
鼻づまりやアレルギー性の鼻炎など鼻の炎症を抑えるものですね。
薬の形態として多いのは噴霧するタイプと滴下するタイプです。


点鼻薬の使い方です。
基本的な使い方ですのでスが、薬によっては違うこともありますので、あらかじめ確認はしておきましょう。


1.まずは鼻をかんで鼻の中をきれいにしましょう。
2.頭はうつむきか加減にして、薬を使う鼻の穴でない方の鼻孔をふさぎます。
3.薬の容器をよく振ります
4.点鼻薬の容器の先端部を鼻に差し入れます。
5.息を吸い込むときに、薬を噴霧します。
6.点鼻後は薬がいきわたるのをまつために、少しそのままの姿勢を保ちます。


当然ですが、1回の使用料や、使用回数などはきちんと守ります。


薬の使用期限は容器に書かれているはずですので、これもチェックしておきましょう。
目安としては開封後1ケ月程度です。


鼻の疾患以外の目的でも使われるものもあります。
尿崩症の治療や子宮内膜症とか子宮筋腫の治療薬として使われるものもあるようです。


とにかくどんな薬でも重要なのはきちんと用法と使用量を守ることです。